ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

あと5キロ痩せる方法。1週間、2週間、1か月別おすすめのダイエット方法は?

time 2016/07/13

あと5キロ痩せる方法。1週間、2週間、1か月別おすすめのダイエット方法は?

ダイエットを誓ってもなかなか成功せず、途中で諦めてしまうことを繰り返してしまう。
多くの人が経験している「ダイエットあるある」ですよね。

ダイエットを成功させるために必要なのは、やはりモチベーション。「痩せて綺麗になりたい」「細くなって好きな人に振り向いてもらいたい」「水着を来週着るのに、このままではヤバい!」理由はどれぞれですが、いかにその気持ちを強く持つかが成功のカギでしょう。

また漫然とダイエットをしても気持ちが途切れてしまうので、期間を定めるのもオススメです。ただ期間が来たらダイエットは終了ではありません。ダイエット期間に食生活や生活習慣に変化があったはず。それらは出来るだけ継続していくことが、リバウンドを防ぎ太りにくい体を作ることになります。
ダイエットを行ったことで得た良い習慣は、その後も習慣にしていきましょう。

この記事では5キロを1週間・2週間・1か月で落とす方法を紹介しますが、あくまで自分の体型や体調をよく考えた上で実践するようにしてください。
体重が80キロの人と、40キロしかない人の5キロは意味合いが全く違ってきます。
特にBMIが標準値より低い(20を切る程度以下の)女性は注意が必要!
過度なダイエットは生理不順を招くので、若い女性は将来のためにも無理は禁物です。
本当に5キロ痩せる必要があるのか?についても、よく考えてみましょう。

1週間で5キロ痩せる方法

1週間で5キロ痩せることは健康のためにもオススメできませんが、過度な肥満の人や必要に迫られて仕方ない人もいますよね。

肥満の場合

thick-373064_640

おそらく日頃の食生活のカロリーも必要量の数倍摂取しているはず。
平均的な成人男女の摂取カロリー程度に抑え、ウォーキングを毎日30分程度するだけでも5キロ程度は落ちる可能性があります。
肥満は健康面でリスクしかないので、過度な肥満であればまずは短期間で体重を落とす自信をつけ、徐々に痩せていく楽しみを感じていきましょう。
最初は辛いですが、痩せると確実にあなたを見る他人の目も変わり、あなた自身の世界も広がります。それをモチベーションにして、まずはダイエットを始めてみましょう。

標準体重~軽度の肥満の場合

green4

スポンサー広告

運動と食事制限が必要です。摂取カロリーは1200kcal程度を目安にし、自分でカロリー計算が出来ないようなら、置き換え食やジュースクレンズを取り入れても良いでしょう。一応栄養素は摂れるので、全く食べなかったり、偏った食事よりは安心です。

脂肪燃焼スープも効果があるようです。
激しい運動は体力的に厳しいかもしれませんが、ウォーキングやストレッチ、半身浴等は並行して行う必要があります。
1週間で5キロの場合、もし達成してもリバウンドの可能性が高いので、その後も摂取カロリーを極端に増やさず、増やした分は運動を継続するようにしてくださいね。

2週間で5キロ痩せる方法

green3

2週間でも厳しいものがありますが、この場合は週末毎にファスティングを行っても良いかもしれません。その場合は平日の間に、落ちた体重を維持出来るかがカギになります。
野菜と低たんぱく質を中心とした食生活に切り替え、炭水化物は少なくても夕飯ではカットした方が良いでしょう。アルコールも食欲を増進させるので、出来れば控えましょう。

運動も1週間と同様、今までより行う必要があります。家でも出来る有酸素運動も沢山あるので(フラフープや縄跳びなども!)、忙しさを言い訳にせず、ストイックに行わないと目標達成は難しいでしょう。

1ヶ月で5キロ痩せる方法

okayu

ダイエットは1ヶ月で体重の5%程度を落とすのが最適と言われています。
つまり100キロの人が、1ヶ月で痩せる目安が5キロなのです。
でも1か月で5キロなら達成は可能ですし、必要な栄養を摂るようにすれば体への影響は少ないかもしれません。

オススメはおかゆダイエット。
朝夕の白米をおかゆに替えるダイエットで、これによりカロリーを150kcal程度カットすることが可能です。おかずも和食中心にして、出来れば昼食も炭水化物は控えめにした方が確実に痩せられます。
また最近はコンニャク麺や豆腐麺もスーパーで売られているので、パスタや焼きそばを作る際にこういった食品を利用すると、飽きずに満足感が得られますよ。
1ヶ月であれば、ジムに通うのもオススメ。筋肉量が増えればその分基礎代謝も上がり、脂肪の燃えやすい体になります。

本来は2か月で5キロ程度痩せるのが、望ましいダイエットです。
あくまで緊急処置と考えくれぐれも無理をしないよう、目まいや貧血を感じたらすぐに中止してくださいね。

スポンサー広告

スポンサー広告