ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

ココアダイエットのレシピや実践方法!カフェインや糖質の量が心配?

time 2015/09/24

ココアダイエットのレシピや実践方法!カフェインや糖質の量が心配?

〔amazon〕フィットネス・トレーニングの売れ筋!

さて、前回はココアダイエットの効能やカロリーについて解説させていただきました。やっぱりダイエットを行うのであればノンシュガーのピュアココアです。砂糖が入っていないというだけでも差が大きいですしその分ココアの栄養素がものすごく濃厚で全体的な栄養でいえばピュアココアの方が上回っています。

ココアダイエットの効果効能!意外とカロリーや栄養価が高い?

カカオから抽出したココアの効果効能についても解説してありますのでまだご覧になられていない方はどうぞ。そして、今回はピュアココアを活用してどのようにダイエットを実践していけばよいのか?ダイエット方法やそのほか含まれる成分についての注意点を取り上げていきたいと思います。


ココアダイエットを強化するレシピを解説!

cocoa2
ココアがどうしてダイエット効果が高いのかというとココアポリフェノールにあります。免疫力を高めて代謝を上げてくれますので冷え症の改善には有効です。また、代謝が上がるということはそれだけでもダイエット効果が高まるのですが、さらには脂肪分解酵素の働きが阻害できるのが利点です。

つまりは、脂肪を燃焼しやすく、蓄積されにくくしてくれるのです。ココア自体のダイエットの効能はこのようなものですがその効果をさらに高めるのにオススメなのがフルーツ豆乳ココアです。豆乳でアイスココアを作り、それをフルーツ(キウイフルーツ1個・バナナ1本・アボカド1/2)、プロテインと一緒にミキサーでかき混ぜます。

プロテインの種類と健康的な選び方を解説いたします!

アボカドがどうしても苦手というのであればベリー類をいくつか入れるとよいです。なぜ、豆乳、プロテイン、フルーツを混ぜるのかといいますと、ココアにタンパク質が入っていないとはいいません。しかし、1杯程度の含有量を考えたらそんなに多いものではありません。

そこで、タンパク質が豊富な豆乳と、タンパク質の塊であるプロテインを一緒に入れるのです。さらには、ココアのビタミンはB2が多いものそれ以外はそこまで多くはないため果物でビタミンを補うのです。これを行うことでココア単体でダイエットに励むよりも代謝を高めることができるわけです。


スポンサー広告

ココアダイエットにオススメな飲む時間帯とは?

tokei
前述のココアプロテインであれば間食などに空腹を満たすためおやつ代わりとしても有効です。もし、スポーツジムに通っていたり、運動を行っているというのであれば通常のココアを運動前の30分ほど前に飲んでおくということは脂肪燃焼において重要になります。

ココアに含まれるポリフェノールと微量ではありますがカフェインがございます。これにより脂肪の燃焼効率が良くなりますのでそのまま有酸素運動を行うと通常よりも脂肪の燃焼が期待できます。さらに、効果を上げたいのであれば、有酸素運動の前に軽く筋力トレーニングを行いましょう。

それにより、成長ホルモンが分泌されますので代謝が上がります。この方法は部分痩せを行うときにも活用できます。たとえば、二の腕を細くしたいというのであればランニングやウォーキングの前に二の腕エクササイズや腕立て伏せをやると良いです。


ココアのカフェインや糖質が気になる?

nayami
ココアは子供も飲むのでカフェインが入っていないイメージですが若干含まれています。僕もこどものころはカフェインが入っていないと思ってココアはガンガン飲んでいました。ただ、眠れなくなるということはありませんでしたね。

では、そのココアのカフェインの含有量は一体どれぐらいなのか?これはメーカーによっても異なってくるのでなんともいえませんが、片岡物産のバンホーテンはコーヒーの1/10ほど、明治ミルクココアはレギュラーコーヒーの1/16、煎茶の1/5ほどです。

コーヒーやお茶もメーカーによって異なりますので、1杯あたり10mg~50mgほどと考えると良いかと思います。カフェインの摂取量は健身な成人であれば1日400mg、子供は2.5mg/体重とされています。ただ、これはあくまでも基準値の話です。

正直、カフェインは体質によって合う合わないがあります。コーヒーを夜中にがぶ飲みしても眠れる人もいれば、一適飲んだだけで眠れなくなる人もいます。もし、自分はカフェインが苦手であると考えるならココアでも微量のカフェインが入っているため昼間に飲むようにしましょう。

もうひとつ注意点があります。カフェインは胃酸の分泌を促しますので胃炎の原因にもなるのです。ですから、胃腸が弱い人は特に空腹時には飲まないほうが良いです。少しお腹にものが入っているだけでも胃酸を弱めることができるのでナッツなどおつまみを食べながら、水を飲みながら、ココアを摂取すると良いでしょう。

糖質に関しては、ピュアココアであれば砂糖が含まれていないわけですし、GI値46~47といった数値なので血糖値も上がりにくいです。どうしても甘いのが好きなのであれば羅漢果糖をピュアココアに入れて飲むと良いです。血糖値が上がらない特別な糖質です。

〔amazon〕フィットネス・トレーニングの売れ筋!



スポンサー広告

関連記事

スポンサー広告