ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

バランスボールダイエットの効果的な方法と正しいやり方。

time 2015/07/27

バランスボールダイエットの効果的な方法と正しいやり方。

特に女性の場合男性よりも身体がゆがみやすかったりします。身体がすこしゆがむだけで日常生活に支障をきたしてしまったり、体調を崩してしまったり、倦怠感を感じるなど、身体に悪影響を覚えます。

また、身体のゆがみがあると太りやすかったり、痩せにくかったりダイエットにも影響を及ぼすケースもございます。直接脂肪燃焼効果を得るには有酸素運動には勝りませんがバランスボール、

身体がゆがんだ状態でダイエットを行っても効率が悪いのです。そのため、痩せやすい体質を作るという意味で、バランスボールを取り入れるのは有効です。実際、プロアスリートの方も採用しているほどしっかりとしたトレーニング法ですし、何よりも部屋で気軽にできますので是非実践してみてはいかがでしょう。

バランスボールの効果とは?

west

身体のゆがみを矯正する

バランスボールで鍛えられるのは、通常、ウエイトトレーニングや筋トレで鍛えられる白筋ではなく、その奥深くにある赤筋とよばれるものです。白筋は瞬発力に使える筋肉なのに対し、赤筋は持久力で脂肪の燃焼効果も高いのでダイエットにはおすすめです。

この赤筋は一般的な呼び名ですとインナーマッスルとも呼ばれておりまして、ヨガ、ピラティス、太極拳などスロートレーニングで養うことができます。バランスボールもその部類にあるかと思います。

また、インナーマッスルを強化することで、脂肪燃焼の他にも体感が矯正されるので姿勢も正しくなります。ですから、ちょっとしたことで転ぶということはなく、転びそうになっても条件反射で反応し、すぐに体制を整えることができます。それに、身体がゆがんだ状態ですと、代謝も落ちますので、ダイエット、健康いずれにしても体感は整えておくことが重要です。

筋肉バランスの改善に

姿勢が悪い状態で筋肉をつけることもあまり良いことではありません。そこで、筋肉の芯となるインナーマッスルを鍛えておくことで白筋を強化することで美しく整った体型になります。

スポンサー広告

バランスボールの正しい使い方

bb
バランスボールのエクササイズは色々ありますが、全てやるとなると大変ですし、無数にございますのでなかなか難しい話しです。そこで、これだけしっかりと行っておけばインナーマッスルは鍛えられるという二つをまとめておきましたので参考までにご覧ください。

片足膝上げ

まず、床にバランスボールが転がらないように置きます。そしてそこに座り、脚を開き、顔をまっすぐ、目線は遠くを見るように意識します。両手は太ももの上に置きリラックスします。そして安定したら片足膝を90度にあげてください。これを1分間キープしますが、反対も同様に行います。

お尻を転がす

先ほどと同じくバランスボールに座って両手をももの上に置いて安定しましたら、今度はゆっくりとボールを転がす感じで腰を捻りながらお尻を左右斜め後ろにつきだすようにエクササイズを行います。これを左右10回ほど行いましょう。

このほかにもバランスボールのエクササイズメニューはたくさんございますが、大幹のインナーマッスルを鍛えるのであればシンプルのこの二つだけでも十分に鍛えられます。飽きてしまったら他のメニューにもチャレンジしてみましょう。

バランスボールダイエットの注意点とは?

tyuui2
まず、バランスボールは転がりやすいので要注意です。運動を行ってバランスボールの反動で弾き飛ばされてしまわないように注意しましょう。あとは、これはあくまでも基礎代謝をあげたり、痩せやすい体質を作るためのものです。これだけで痩せるというのはやはり難しい話しなので、基本となる有酸素運動や食事制限をしっかりと行ってダイエットに励んでください。

スポンサー広告

スポンサー広告