ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

8時間ダイエットの効果的な飲み物と成功する方法!痩せた口コミはある?

time 2015/11/12

8時間ダイエットの効果的な飲み物と成功する方法!痩せた口コミはある?

〔amazon〕フィットネス・トレーニングの売れ筋!

食事制限で長続きしないという方も多いかと思います。そんな中、米国で注目されているのが8時間ダイエットというものです。これはとてもシンプルなダイエット方法で1日当たりの食事を起床している間の8時間以内に済ませてしまうというものです。

あれを食べてはいけない、これを食べてはいけないというものは基本的になくどんなものでもオーケーです。もちろん、そこに制限を加えることで効果は大きくなるとは思いますが無理をする必要はありません。もし、8時間ダイエットを実践して痩せることができるのであれば食事制限によるストレスは消えてしまいます。

では、8時間ダイエットとは一体どういったものなのでしょうか?具体的にお話しすると朝の9時に食事を行った場合そこから8時間となりますので17時までに夕食を済ませるというものです。ただ、みなさんお仕事をされていてその時間帯は難しいでしょう。

そういった場合は、何も17時でなくても問題ありません。朝食を10時にすれば18時までに食事を済ませればよいのです。ただ、20時以降になるとダイエットにおいてはあんまり良いとはいえません。遅い食事は基本的に太りやすくなりますからね。

ですから、8時間ダイエットを実践するのであれば、せめて11時までに朝食を済ませておき19時には夕食を食べ終えておくというのが理想的な形と言えるでしょう。


何故、8時間ダイエットが効果的なのか?

bijin

断食の効果が非常に高い!

8時間ダイエットは8時間以内に食事を済ませるということになりますので残りの16時間は何も食べないことになります。たくさん食べたほうが体力がつくなどといわれていますが迷信です。食べ過ぎると内臓が披露し毒が体内に蓄積されていきます。さらには余計な糖質を摂れば脂肪となります。

けれども、16時間なにも食べなければ、その時間は断食ができていることになりますので、その日に食べたものをうまく消化分解することができますし、腸が休めるので体力を残すことができます。つまりは便通が良くなるのです。そして、余計なものを食べなくなるので脂肪が蓄積されにくくダイエットとしてもオススメです。

ビーマールワンを回避する?

夜遅くに食事をすると太るといわれている原因はご存知ですか?代謝が落ちるからというのもそうですが、ビーマールワンという酵素が分泌されるということも忘れてはいけません。これは、細胞内で脂肪酸やコレステロールの合成を促進しますので、体に脂肪をたくさんため込むわけです。

ビーマールワンは普段からわれわれの体に存在するわけですが、昼間はほんの微量なので太りにくいのです。けれども、夜中になるとその量が増加します。特に、22時頃は一番ビーマールワンが分泌され、午前2時~4時ごろが最も多くなります。

要するに、夜中にたくさんの食事をしてしまいますと、代謝も落ちているため燃焼が難しいうえビーマールワンが盛んに分泌されているわけですのでそれは太りやすくなるわけです。このころからも8時間ダイエットを実践するのであれば、遅くても夜の8時には食事を終わらせておく必要があります。

夜更かしをしなくなる

個人的なところかもしれませんが夜更かしをしてしまいますとすっきりと起きにくくなります。やはり早く寝たほうがすっきりと起床しやすいのではないかと考えていますね。ちなみに、夜更かしを回避できる理由は夜遅くの食事をしないためお腹が空けば眠ります。朝型になれば自律神経も正常に働くため基礎代謝も上がり健康的にダイエットを実践することができます。


8時間ダイエットの効果的な食べ方と飲み物とは?

mizu

1日5回以上の食事を行うこと

えっ?そんなにたくさん食べて大丈夫なの?と思われたかもしれませんが、食べる量はそんなに多くはありません。5回食べるというのは要するに回数を増やすことで血糖値を低く抑えて太りにくくできるところです。基本的にどんなものを食べてもよいとしていますが、ラーメンやファーストフードなど血糖値が急激に上がるような食事は避けましょう。加工食品に関しても塩分や添加物が多いのでダイエット効果は下がる危険性があります。

食事の前に果物を食べる

食事の前に果物を食べることで栄養が腸へ吸収されます。さらに栄養を摂取することができるためお腹をある程度満たすことができるのです。そこから食事をすることによって食事の摂取量を大幅に抑えることができるわけです。理想的なのは食事の30分前に果物を食べることです。

スポンサー広告

水分補給を行う

特に起床したらコップ1杯の水を飲みましょうなどとよくいわれていますがそれは腸の動きを良くするということと、代謝を上げる上でかなり有効だからです。そのほかに普段から水を飲むようにすればデトックス効果が期待できます。理想的な摂取量は1日2リットル以上です。コーヒーにはカフェインが含まれているのであまりお勧めしません。お茶もカフェインがないものにしましょう。青汁、プロテインなどを活用したり、水と一緒に間食にナッツ類を食べるのもオススメします。お腹を膨らますことができます。

強度の低いエクササイズを行う

もちろん、半分断食のようなものなのでハードなトレーニングは推奨できません。栄養不足で体がついていかない可能性があります。けれども、軽いウォーキングやスクワット程度の運動なら実践することで効果が向上するため余裕があれば取り組んでみてはいかがでしょうか。


8時間ダイエットを続けるためのコツ(1)

suto

空腹というものに慣れることでお腹が空いてストレスがたまるということはなくまります。けれども、まだ始めた手の人からするととても難しいことかもしれませんね。そのために間食にナッツ類を食べたり、しっかりと良く噛んで1食あたりの食事量を減らし、5食、6食に分割することをオススメしています。しかし、それでもどうしても難しいという方のためにストレス解消方法をまとめてみましたので参考までにご覧下さい。

入浴を行う

入浴を行うことで副交感神経優位にできるため精神的に落ち着きます。これによりリラックスされてストレスも解消されるわけです。しかし、同時に血流が活発になるためエネルギー代謝も向上します。これにより胃の動きが活発になると空腹に襲われます。そのため体表面の血液の流れを良くすることで食欲を抑制できます。

何かに夢中になる

読書をするとよいといわれていますが、結構頭を使ったりするのでお腹が減ったりします。それよりも、ネットサーフィン、ブログを書く、ゲームをする、DVDを見るなど集中し過ぎないものの方が空腹を抑えられます。

軽い運動を行う

先ほどもお伝えしたように軽い運動です。もちろんこれはダイエットに良いことなのですが実は運動している間はそこまで食欲が増加しません。むしろ減るのでオススメです。実際に血糖が低い時に運動を行うことで脂肪が燃焼できるのでそういった意味でも効果的です。

噛む

噛むことでヒスタミンという物質が分泌されます。ですので、ノンシュガーのガムを噛むのも良いですし、それこそ間食にナッツをしっかりと良く噛むことで空腹を抑えられます。何もない状態で噛むのも良いのですが歯を削りやすいのでオススメはしませし、歯ぎしりの原因にもなります。


8時間ダイエットを続けるためのコツ(2)

aroma

温かい飲み物

白湯でもいいですし、休憩時間に飲むココアでもいいです。温かいものを飲むこと体が温められ副交感神経を裕樹にできます。その上、ゆっくりと休みながら飲むことでとても気分が落ち着きます。

アロマを活用

最近はアロマ加湿器なんかもありますので気軽にアロマを焚けますよね。空腹からくるイライラを防止するならシダーウッドやサンダルウッドなどのがオススメです。また、オレンジ、グレープフルーツといったかんきつ類の香を嗅ぐのもストレスを緩和できます。

青色系で食欲減退

たとえば、お皿とか青いものにするだけで食欲が減ります。一時期、青色のふりかけが流行りましたがそれもダイエット効果を狙うためです。一方、赤、オレンジ、黄色といった色は食欲を上げてしまいますのでダイエットを考えるならそういった色はオススメしません。

お酢を飲む

黒酢ダイエットなどもありますがお酢を飲むことにより脳は糖分が不足していることを認識しないのでこれにより食欲を抑制することが可能です。そのほかアミノ酸やミネラルも含まれているのでダイエット食品としては有効といえます。方法によっては食前に飲むと良いとされていますが空きっ腹で飲むと胃を痛める危険性がありますので注意しましょう。黒酢ダイエットの効果効能!サプリメントの飲み方や酢豚のレシピとは?

睡眠をとる

寝過ぎると太るといいますね。けれども、睡眠不足も太る原因です。レプチンというホルモンは食欲を抑制するのですが、グレリンというホルモンは食欲を促します。睡眠が短い場合レプチンが減少し、グレリンが増加します。ですから、7時間程度の睡眠はとるようにしましょう。

〔amazon〕フィットネス・トレーニングの売れ筋!



スポンサー広告

関連記事

スポンサー広告