ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

ドライフルーツは高カロリーでも栄養満点でダイエットにおすすめ!

time 2015/07/27

ドライフルーツは高カロリーでも栄養満点でダイエットにおすすめ!

そもそも、ドライフルーツとは?簡単に説明すると果物を天日干しにして水分を抜き取ったものです。もともとは果物なのでその栄養素がぎっしりと詰まったものです。ただ、天日干しにして水分を抜いて乾燥させているためビタミンCがなくなってしまうという欠点がございます。ただ、食物繊維の量は生より乾燥させた方が含有量が高くなります。

たとえば、あんずのドライフルーツは、ナトリウム、カリウムといったミネラルが豊富で、カルシウム、鉄、マグネシウムも含まれております。そのほか、100gあたり水溶性食物繊維が4.3g、不溶性食物繊維が6g含まれております。

そういった意味では、ドライフルーツというのはミネラルと食物繊維を摂取するうえでは有効な食品です。この二つの栄養素もビタミンと同じく代謝を上げるうえで非常に重要な役割を果たします。ただ、市販のドライフルーツには非常に甘いものがありカロリーも高いのでは?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

ドライフルーツというとその名の通り、果実から水分を抜いているものなのでその分甘くなっていると考えるのは通常です。ただ、最近のものは、砂糖で脱水を行ったり、あえて油で揚げているものもあります。これではカロリーオーバーになりますよね。

ですから、干し柿のように昔ながらの製法で天日干しをして作ったようなドライフルーツを選ぶと良いでしょう。ちなみに市販のドライフルーツのカロリーって実際どのぐらいなのでしょうか?簡単にまとめさせていただきました。

商品名100g/kcal
いちじく271kcal
マンゴー368kcal
あんず288kcal
バナナ299kcal
プルーン235kcal
りんご315kcal
イチゴ341kcal
パイン365kcal
ブルーベリー311kcal
キウイ337kcal
ぶどう301kcal


となっております。確かに一見するとすべて比較的カロリーは高いように思えますが、水分を抜いた果実100gですからそれなりの果糖をにもなりますからカロリーは高くなります。とはいうものの一般的なスナック菓子に比べればかなりカロリーは低くなります。お菓子を食べる人はそれをドライフルーツに変えるだけでずいぶんダイエット効果は期待できるはずです。

スポンサー広告

ドライフルーツを食べるときのポイント!

bijin
ドライフルーツの場合通常のフルーツと比較すると水がなくなっている分、満腹感を得られにくいです。そのため、ついついたくさん食べてしまいがちです。5粒ほどであれば低カロリーに抑えることができますが、これを100gも食べてしまったらそれは高カロリーです。

なので、ドライフルーツのダイエットとしての活用法としては、あくまでも他のお菓子の代用とて食べるのです。食べ方も水を飲みながらドライフルーツを良く噛んで味わって食べることでおなかも膨れ甘さが満たされます。

ですから、少し小腹がすいたからといって栄養価がほとんどないスナック菓子をバリバリ食べてしまうのであれば、糖質が高くても、食物繊維やミネラルといった栄養がたくさん含まれているのでダイエットに取り入れやすく美容にもオススメです。

強いていえば、難しいかもしれませんが海外のドライフルーツを食べることはオススメします。理由は日本のフルーツは日本人向けに改良されていて甘いものがほとんどです。しかし、海外の人たちが普段食べているのは甘くないのです。こういった果実を天日干しにしたものであれば上記の表よりもカロリーが低いうえに健康的なのでオススメです。

もちろん、ダイエットという意味であれば、通常のお菓子をやめて上記のような食べ方をすれば普通に売られているドライフルーツでも問題ありません。ただ、食べすぎてしまうと逆効果になりますので気をつけましょう。

次はナッツ類をプラスしてドライフルーツダイエットの効果を高める方法について解説します!

スポンサー広告

スポンサー広告