ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

枝豆は低カロリーでダイエットに良い!栄養満点だけど食べ過ぎは太る?

time 2015/07/30

枝豆は低カロリーでダイエットに良い!栄養満点だけど食べ過ぎは太る?

mame
夏といえばやっぱり枝豆ですよね。そのまま食べても良いですしお酒のおつまみにするのも最高です。居酒屋なんか行けばメニューが来る前に枝豆を食べると小腹を満たせていいですよね。そんあ枝豆ですがダイエット食品としてはおすすめできるものなのでしょうか?

ちなみに、茹でた枝豆で100gあたり134kcalです。糖質も9gですのでそんなに高いものではないのではないでしょうか。それに何よりも枝豆というのは豆類であるだけに、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養が豊富に含まれているのです。


枝豆の主な栄養成分(100g)
ビタミンミネラルアミノ酸脂肪酸
ビタミンA 22μgナトリウム 1mgイソロイシン 520mg飽和脂肪酸 0.84g
ビタミンE 0.8mgカリウム 590mgロイシン 880mg一価不飽和脂肪酸 1.88g
ビタミンK 30μgカルシウム 58mgリシン(リジン) 730mg多価不飽和脂肪酸 2.77g
ビタミンB1 0.31mgマグネシウム 62mg含硫アミノ酸 330mgn-3系 多価不飽和 0.52g
ビタミンB2 0.15mgリン 170mg芳香族アミノ酸 990mgn-6系 多価不飽和 2.25g
ナイアシン 1.6mg鉄 2.7mgトレオニン 450mg18:1 オレイン酸 1900mg
ビタミンB6 0.15mg亜鉛 1.4mgトリプトファン 150mg18:2 n-6 リノール酸 2200mg
葉酸 320μg銅 0.41mgバリン 550mg18:3 n-3 α-リノレン酸 520mg
パントテン酸 0.53mgマンガン 0.71mgヒスチジン 340mg 
ビオチン 11.1μgセレン 1μgアルギニン 840mg 
ビタミンC 27mgクロム 1μgアラニン 530mg 
 モリブデン 240μgアスパラギン酸 1500mg 
  グルタミン酸 2100mg 
  グリシン 510mg 
  プロリン 610mg 
  セリン 610mg 

 

たんぱく質

枝豆100gあたりに11.7gのタンパク質が含まれています。大豆と比較すると半分ほどしかございませんがそれでも植物性の貴重なタンパク源を摂取できます。タンパク質といえば脂肪燃焼において強い味方になってくれる筋肉を作る材料となります。

また、大豆タンパク質は実は通常のタンパク質とは異なり少し特殊なのです。大豆タンパク質に含まれるβ-コングリシニンが余分な脂肪と結びつき体外へ排出するため内臓脂肪や中性脂肪に効果的であるとされているのです。

イソフラボン

大豆にもたくさん含まれておりますが女性ホルモンと非常に似たような働きをしてくれます。ですから更年期障害やPMSでエストロゲンのバランスが乱れた時にも効果的であります。そのほか美肌効果、癌予防、骨粗しょうの予防がきたされます。さらにはイソフラボンを摂取して軽い有酸素運動を行うと脂肪が燃焼するというデータがございます。つまりはダイエット効果も期待できるのです。

スポンサー広告

大豆サポニン

大豆サポニンは豆にたくさん含まれているのですが、腸で吸収されたブドウ糖と脂肪が結合されないように働き脂肪の蓄積を防止します。

レシチン

レシチンとはリン脂質であり人間の体を構成する脂質の一種でございます。特に細胞膜や脳など脂質が主となる部分に使われます。そのほか血中のコレステロールを包みながら血中に分散させたり、血管の詰まりを防止します。血液がきれいになることから血行もよくなり代謝アップが期待できます。


枝豆ダイエットの効果的な方法!

mame2
大豆ダイエットや豆腐ダイエットのように枝豆ダイエットも置き換えダイエットとして活用すると効果的です。枝豆は糖質が高いのではないか?などと言われますが100gあたり9g程度しかございません。ご飯と比較してどちらが糖質が高いのかといえば当然ごはんです。

ですからご飯を毎日3杯食べているのであれば2膳までに抑えておき、1膳はお椀に山盛りの枝豆を食べればよいかと思います。それだけで50g程度の糖質をカットすることができます。本格的にやるのであればもう1膳も枝豆に変えてしまうのも良いかと思います。

とはいうものの、枝豆を食べれば痩せるということはあまり考えにくいです。もちろん代謝の手伝いをしてくれるビタミンB群やら、代謝アップのカリウム、有酸素運動に必要な鉄、細胞を作る上で常用な亜鉛が含まれています。

ただ、ほんの微量ですのでそこまで期待できる程ではありません。けれども食べてもそこまで太らないので置き換えダイエットと筋肉を作るという意味で普段の運動に食事としてプラスさせることで代謝を上げる、カロリー&糖質をカットするという意味でダイエット効果が期待できるのです。


枝豆の食べ過ぎは太るのか?

daiet8
枝豆を食べ過ぎると太るという理由ですが、それはタンパク質がたくさん含まれているからだといいます。糖質も含まれれていますがGI値は30ほどなので太る要素はあまり考えられません。では、どうしてタンパク質を摂ると太るのでしょうか?

それは、一度に吸収できるタンパク質の量が20~30gです。それ以上摂取すると吸収できずに脂肪として変換されます。ただ、植物性のタンパク質で作られた脂肪は比較的燃焼されやすいのであまり問題ないといえます。

それに、40gのタンパク質を枝豆から摂取するとなると400グラムも食べないといけません。さすがにそこまで食べる人はいないと思います。食物繊維がたくさん含まれているのですぐにお腹が膨れます。ダイエットで食べるなら水と一緒におやつとして食べるのも空腹を抑えるうえではバッチリです!

というわけで、枝豆は一度に400g、500gという大量に食べなければそこまで太るということは考えにくいので安心してください。プリン体も100gあたり48mgほどですので尿酸値が高くないのであればさほど心配はいらないかと思います。

スポンサー広告

スポンサー広告