ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

鍋ダイエットで痩せた?脂肪燃焼効果が高く美しく痩せる方法!

time 2015/07/29

鍋ダイエットで痩せた?脂肪燃焼効果が高く美しく痩せる方法!

特に寒い季節は頻繁にお鍋を食べますよね。お鍋が好きな人であれば寒い季節にかかわらず、真夏の暑い季節にも汗を流しながらでも食べちゃいますよね。また、鍋っておいしいだけではなく、食べ方によってはものすごいダイエット効果を期待できる料理なのです。その理由を解説いたします。

鍋料理は基本的に糖質が少ない

どうして鍋料理がダイエットにオススメなのか?その一番の理由は糖質が少ないところにあります。たとえば、鍋にどのようなものを入れますか?きのこ、お野菜、お肉、お魚、お豆腐…とこういったものを入れますよね。

肉、魚、豆腐に含まれているタンパク質、野菜、きのこに含まれている食物繊維は空腹を防止してくれますのでその時点でダイエットにはよいといえます。その上、鍋一食であらゆる栄養素を取り入れることができますので、代謝アップが期待できるのです。

脂肪燃焼効果の高い栄養素が含まれている

では、その代謝アップが期待できるものというのは一体どういったものなのでしょうか。たとえば、ダイエットというとエネルギーやカロリーの量を制限しがちですがこれも代謝を上げるためには重要なものです。そして、エネルギー燃焼において必要な栄養素、代謝を促すうえで重要な栄養素、これらがそろえばダイエット食として活用することはできます。その栄養そとは一体何か?簡単にまとめてみました。

タンパク質 筋肉増強や代謝アップ(肉類、大豆類)
食物繊維 便通改善や代謝アップ(野菜、大豆、キノコ)
ビタミンB1 糖質の代謝(豚肉、鮭)
ビタミンB2 脂質の代謝(ホタテ、ぶり、ほうれん草、小松菜)
ビタミンB6 タンパク質の代謝(にんにく、マグロ、カツオ)

このようになっております。ダイエット的な考えであれば肉類も基本的にはいくらでも食べてよいといえますが、お腹がもたれたり健康に良くないので目安として男性なら150g、女性であれば100g程度とみてください。そして、なかなか難しいかもしれませんが、野菜、きのこ、大豆類は合計で350g以上を目標としましょう。

ダイエットのみならず美容や健康にも!

鍋には以上のようにしっかりとした栄養素が含まれています。これらを摂取することによって人間の筋肉や脂肪の代謝が良くなりますのでダイエットとしては非常に良いといえます。ただ、同時に肌や髪の毛もタンパク質なのです。

つまり、タンパク質をしっかりと摂取して栄養を整えることで血行も良くなりますので、肌もきれいになり髪の毛もふさふさになります。効果的にタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった重要な栄養素を摂取するうえで鍋はとてもオススメな料理なのです。


鍋ダイエットで効果的に痩せるには?

bijin
ダイエットをチャレンジされている方にはとてもおすすめな料理であるということがご理解いただけたかとおもいます。ただ、鍋といいましても太りやすいお鍋もございますので要注意です!そこでここでは鍋を使った料理で効果的にダイエットを成功させるポイントについて解説させていただきます。

スポンサー広告

栄養素について

先ほどの説明からもビタミンなどの栄養素が非常に多く含まれていると解説いたしました。ただ、ビタミンの問題点としては熱に非常に弱い点です。もちろん加熱を行ったらといって全てがなくなるというわけでもないのですが、それでもずいぶん熱によって失われます。

そこで、調理法を工夫する必要があります。鮭、ホタテは軽く表面だけ火を通す程度のしゃぶしゃぶでOKです。ほうれん草や小松菜もあまり火は通しません。軽くしなる程度で食べましょう。マグロやカツオにおいては鍋にする場合は軽くしゃぶしゃぶして食べるとして、鍋にしない場合はにんにくと一緒に食べると良いです。

にんにくの臭いが気にならないのであれば、他の具材もポン酢と一緒ににんにくを混ぜて食べるのがおすすめです。これによって熱によるビタミンの破壊が大きく軽減されます。

カロリーは大丈夫なのか?

豚肉や牛肉を入れてしまうとどうしても油によるカロリーが気になってしまいます。ですから食べ過ぎを控えめにしなくてはいけないという考えも一理あります。しかし、ダイエットにおいては、油やカロリーの過剰摂取を控えるというのも重要なのですが、一番太りやすいのは糖質です。それが含まれていない時点でそこまで問題はないかと思います。

糖質を入れない

鍋をすると中華めんやうどん、おそうめんを入れるとおいしいですよね。お椀にあれを入れて、だし汁と、塩コショウを入れて食べるとおいしいです。しかし、この麺類は小麦粉です。糖質であるうえ、血糖値も上昇させる原因になりますので太りやすいのです。

さらに、最後の〆に入れるご飯でつくるお雑煮はそれこそ糖質です。そのような鍋ではダイエットにおすすめとはいえません。冬場なんてそれこそ餅を入れたりしますがこれも危険行為です。もちろん、ある程度の糖質は必要ですので、鍋とは別にご飯の一杯食べるか、中華めん一玉食べるか程度にしておきましょう。


ダイエットにおすすめなお鍋とは?

nabe2

キムチ鍋

キムチにはカプサイシンが含まれています。それにより脂肪の燃焼率を高め代謝を促してくれます。キムチを食べると汗が出てくるというのもその影響です。ただ、辛いのが苦手だというのであれば無理に食べるとお腹を壊したり体調を崩す可能性もありますので適度の辛さを摂取しましょう。

そして、豚キムチというメニューがありますが豚とキムチの相性はとてもいいです。脂肪燃焼に効果的なビタミンB群とカプサイシンが相乗効果を発揮します。また、豚肉もできれば、バラよりもロース、ロースよりモモの方が脂が少ないです。そのほか、豆腐、野菜、キノコ類を入れれば他のビタミン、ミネラルも摂取できますし、食物繊維も多いのでダイエット食として役立ってくれます。

作り方も、市販のキムチ鍋のもとを買ってきて普通に調理すればオーケーです。鍋は非常に簡単な料理でオススメですが、それでもやはり面倒くさいというのであれば、鍋は食べ放題で安くいただけますので外食を利用してみるのも良いです。

海鮮鍋

海鮮鍋のよいところはなにかといえば、ミネラルをたくさん摂取できる点です。たとえば、牡蠣には亜鉛がたくさん含まれています。亜鉛は細胞の代謝において重要な役割を果たしますのでダイエットや健康を維持するうえで必要な栄養素です。

トマト鍋

脂肪燃焼スープになりますと断食系なので肉類はほぼ食べませんが、トマトやたくさんの野菜類、キノコ類、肉類、魚介類を一緒にした鍋は代謝アップが期待できます。ただ、トマトも市販の缶に入ったトマトスープは添加物や食塩が多かったりしますので、必ず生のトマトから作るようにしましょう。

以上のように、栄養価がとても高い鍋はダイエットにはオススメです。基本はカロリーの摂取を気にすることも大事なのですが、一番気を使って上げないと行けないのはやはり糖質です。ただ、健康面を考えると脂も過剰に取るのは行けないのでその辺を上手に調整しながら鍋ダイエットにチャレンジしてみはいかがでしょうか。

スポンサー広告

スポンサー広告