ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

杜仲茶ダイエット効果効能!カフェンによる副作用は大丈夫?

time 2015/11/24

杜仲茶ダイエット効果効能!カフェンによる副作用は大丈夫?

杜仲とは中国原産の雌雄異株で、楕円形の葉でケヤキ、ニレにそっくりです。花は多少緑色をしており、実は翼果です。樹高は20年ほどで20cm程度に成長するのです。今から6千年前ごろは中央ヨーロッパ、北米などの多くの地域に繁殖していたとされていますが現在は中国以外の生息の確認がされておりません。

杜仲の歯はもちろんお茶として飲まれるのですが、樹皮も漢方薬として使われます。また、樹皮、枝を切ると白色をした乳液が流れ出ますが、これはガタパーチャといわれており天然ゴムの原料でもあります。もともと、ガタパーチャとはグッタペルカノキからとれる乳液です。

杜仲はそれとそっくりなため同じ名前で呼ばれているのです。さて、そんな杜仲茶ですがお茶ですのでダイエットや健康に良さそうなイメージがありますよね。中国では古くから生薬として飲まれてきたものですが、日本では1970年にブームが起こります。

その後すぐにブームは終わるものの現在も手軽にスーパーやコンビニで購入することができます。そこでこちらでは杜仲茶の効果効能はもちろんのことダイエットにオススメな実践方法なども解説させていただきたいと思います。


杜仲茶ダイエットの効果効能(1)

ocha

高血圧の予防

杜仲茶は高血圧、高脂血症、高コレステロールに効果的とされています。この中でも特に高血圧対策には有効とされています。それは、イリドイド配糖体の一種であるゲニポシド酸が力を発揮してくれているのですね。ちなみに、血圧が高くなる原因はご存知ですか?

根本となる原因は色々とありますが結果、血管が収縮することにあります。ところが、ゲニポシド酸が作用することにより収縮した血管を副交感神経優位にして拡張を行ってくれるのです。また、アディポネクチンというホルモンの分泌を促すので、脂肪燃焼でダイエットにも効果的です。そのほか、動脈硬化の抑制、抗炎症、心筋肥大抑制など生活習慣病の予防につながります。

動脈硬化の予防

アディポネクチンという脂肪細胞から分泌されるホルモンがございます。高血圧の改善と同じく血管を広げて血圧を安定させることが期待できます。さらに、中性脂肪、血糖値の改善にも効果的であることが分かっております。動脈硬化になる原因は血圧が高くなることが考えられますのでその低下を行えば自然と予防ができるということですね。

スポンサー広告

肝機能の改善・デトックス効果

デトックスといえばカリウムというミネラルではないでしょうか。水分と一緒に摂取すれば老廃物や余計なナトリウムを体外へ排出してくれます。杜仲茶にはこれがたくさん含まれているのです。ジグルコサイドや松で有名な抗酸化物質のピノレジノールが含まれているのです。

もちろんこれによりアンチエイジング効果も期待できるわけですが利尿作用が高い成分でカリウムと同じく体中をデトックスしてくれます。肝臓や腎臓に蓄積された毒素をデトックスしたり、むくみを改善するといった効果が期待できるわけです。

ダイエットを気にしているのであれば塩分を摂りすぎると水分を体の中に閉じ込めてしまいますのでナトリウムの排泄として杜仲茶は有効に働きますね。美容健康全般に効果的なお茶ですのでぜひ取り入れてみてください。


杜仲茶ダイエットの効果効能(2)

yorokobi

便秘の解消

便秘になる原因は色々とございますが代謝が低下して内臓機能が弱まることも考えられます。しかし、杜仲茶にはゲニポシド酸が働くことで血管を拡張してくれます。これにより内臓機能を高め腸の蠕動運動の促進が期待できます。デトックスが行われれば体調不良はもちろんのこと、肌のトラブルまで解消されていきます。

鎮痛作用

痛みの原因は色々とあります。ただ血の流れが悪いと痛みを訴えることも多くなります。たとえば、生理痛、関節痛、腰痛、リウマチ、神経痛、筋肉痛、といったものですよね。ゲニポシド酸が作用して血液の流れを良くしてくれますのでこういった痛み全般的に有効です。

ダイエット効果

若いころはあまりダイエットを気にしていなくても年齢を重ね、若いころと同じ食事量であれば当然太るわけです。自然と加齢とともに食べる量も少なくなってくるのですが、中には過食気味の方もいらっしゃいます。杜仲茶には脂肪を燃焼する効果もありますのでダイエットサポーターとしても有効です。

ノンカフェイン?副作用は?

杜仲茶はノンカフェインです。カフェインが含まれていると妊婦の方にはオススメはできませんし、利尿作用により大事なビタミンやミネラルまで体外へ排出してしまいます。また、人によってはほんの少しのカフェインを摂取しただけで覚醒作用により眠れなくなることもあるかと思います。

ですが、杜仲茶はカフェインが含まれていませんのでそういったことはありません。ただカリウムが多いので腎臓に病気を抱えている人は医師の相談が必要です。また、一部飲み過ぎで下痢を起こしたというケースもありますのであくまでも摂取量は守りましょう。

スポンサー広告

スポンサー広告