ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

むくみ解消の漢方薬の効果効能についてまとめてみました!

time 2015/12/20

むくみ解消の漢方薬の効果効能についてまとめてみました!

さて、またまたむくみ解消についてのお話をさせていただきたいと思います。前回のお話を少しおさらいさせていただきますと、食生活のバランスを整えつつサプリメントも活用していくことでむくみの解消が大きく期待できるというものでした。詳しくはこちらをご覧ください。

むくみ解消に効果的なダイエットサプリメントや有効成分について。

また、こちらでもお話し下通りですが、カリウムなどナトリウムとの均衡を整えるミネラル以外にもポリフェノールをはじめとしたダイエット成分が血行を改善して結果的にむくみを解消することもできるため結構の改善がやはりむくみに効果的といえます。

ですから、水をのむことも有効な方法の一つです。体のナトリウムの濃度が多い状態で水を飲むと確かに水分をため込む性質から水太りになる可能性もありますが、運動やカリウムの摂取を行っておくことでたくさん水分を摂取したほうが体の流れは良くなりますので有効は方法です。

そして、タンパク質、ビタミンが不足することもむくみになるというのは血行不良を招きやすい、代謝の低下を招きやすいという意味です。では、血行を改善するために今回焦点を当てていこうと思うのが漢方薬です。漢方薬といえばそれこそ血行の改善のイメージが大きいでしょう。何故漢方がむくみの解消に有効なのか、そして漢方の役割とは?それらについて解説さえていただきたいと思います。


そもそも漢方薬ってなに?

kanpou
人間の身体は「気・血・水(き・けつ・すい)」からできているというのが中医学の考え方です。心身を健康に力の源となるのが「気」、体中に栄養を運ぶ「血」、摂取した飲み物や食べ物を適切な形に変えて体の潤いを与えるのが「水」となります。これらがバランスよく整っている状態が健康的と言えるのです。

たとえば、血液の流れというのはまさに気の流れのようなものです。気が不足して体調を崩すと肌や顔に表れたりします。これを「気滞」と呼びます。まさに字のごとく気が滞っている状態です。こうなると血のめぐりが悪くなり、心身へ栄養が運搬されませんので病にかかりやすくなったりお肌の調子が悪くなったりするのです。

逆に、気が不足することを気虚といいます。気滞は気は足りているものの流れが悪くなるのに対し、そもそも気が足りない状態です。そのため、内臓や肌の調子が悪くなります。血においては、血の流れが悪くると、肩コリ、腰痛、筋肉痛、頭痛、めまい、情緒不安定、などを起こします。


スポンサー広告

漢方薬と化学薬品の違い

kurumi4
これを、「淤血」といいますが、血液が不足して貧血気味になる状態を「血虚」といいます。最後に水ですがこれがむくみと大きく関係しています。気が少なくなり水の流れが滞ることを「水腫」といいます。これが「むくみ」にあたります。この水の流れを改善するために漢方薬を使用するのです。

西洋医学でいう薬とは、科学的に作られた薬を投与して侵入してきたウイルスを排除することができるので非常に強力なものです。しかし、問題点もございます。「薬では病気は治らない。」なんて話を聞いたことはありませんか?そうなのです。

抗生物質や抗菌剤であれば投与することでウイルスを除去することが可能ですが、ステロイド剤など症状を抑える薬というのは病気は治せません。いずれにしても、免疫細胞を破壊したり人体に悪影響を与えるなど何らかの副作用がございますので西洋の薬は使い方を間違えれば毒と同じなのです。

一方、漢方薬というのは生薬といわれており、生きものから作った薬です。自然界に存在する動植物、魚介類から栄養素を採取して組み合わせたものです。そのため、人体への負担が化学薬品と比べると低くなってはいるものの自然界に存在するものでも副作用がございますので副作用なしとは言えません。


むくみ解消に効果的な漢方薬まとめ

koru2

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

月経時にホルンバランスの崩れで不調を感じたり、冷え症や貧血気味の方に効果的です。血行を改善してむくみも解消することが期待できます。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

熱を冷やす、病気になる原因の解消が期待できます。そのほか、体の水分循環を良好にするためむくみの解消にも効果が期待できます。また、便秘気味の人にも効果的で便秘解消で代謝を上げることもできます。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

疲労感が強い人、汗をかきやすく疲れる人に効果的です。これも体の水分循環を良好にするためむくみの解消に効果的です。

五苓散(ごれいさん)

水分補給を行う割には排泄の量が少ない場合。塩分を摂りすぎるとこういったケースが見られます。このような場合に効果的な漢方薬です。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

下半身に不快感を感じている場合、泌尿生殖器などに衰えを感じる場合有効な漢方です。

真武湯(しんぶとう)

冷え症、新陳代謝の衰えによりむくんだ場合それを解消するうえで有効なのでダイエット効果も期待できます。

以上のように、むくみに効果的な漢方薬はたくさんございます。ただ、自然治癒の力を引き出す効果はございます。また西洋医学の薬よりも身体への負担が小さいのも事実ではありますが、副作用がないわけではございません。そのため、自分で勝手に判断して購入するのではなく漢方薬局で症状を相談して適切なものを処方してもらいましょう。

スポンサー広告

関連記事

スポンサー広告