ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

甘酒の効果効能。健康的に痩せるダイエット方法を解説します。

time 2016/07/07

甘酒の効果効能。健康的に痩せるダイエット方法を解説します。

甘酒と聞くと、どんなイメージを持ちますか?最近では井川遥さんや永作博美さんもアンチエイジングや健康のために飲んでいるということで話題になりました。

実際は殆どアルコールが入っておらず、ごはんなどに米こうじを混ぜた飲み物です。しかし米こうじと酒粕で作られる2種類の甘酒があり、しかしスーパーでは酒粕をベースにしたものが多く売られているようです。作り方も簡単でお湯に溶かして飲む事が出来る手軽な物となってきました。

この甘酒、調べて見ると色々と効果効能があるようなのです。今回は甘酒について掘り下げてみたいと思います。

甘酒の効果効能。

point

甘酒の歴史は古くて、なんと江戸時代から庶民に親しまれ夏場や暑気払いなどに夏ばて防止の一環として飲まれていたようです。あれだけ物の無い時代から親しまれた物という事で普遍的な物を感じてしまいますね。

甘酒の効果と効能を細かく列挙していきます。

1.美肌効果

ビタミンB2を筆頭とするビタミン類が肌の調子を整えてくれる効果があります。肌を活性化しハリや弾力を戻してくれます。これは米麹の中にシミの原因となるメラニンを阻害する事が出来るので美肌になる可能性があります。

2.栄養補給

食欲の無いときなどは、無理して食べるよりも栄養素だけを摂取する事が出来ればなんとか体力を保つ事は出来ます。医療用の点滴でも摂取出来るブドウ糖やビタミンB郡が体を助けてくれるため食欲が無いときは検討してみると良いです。

3.便秘解消

食物繊維やオリゴ糖が入っているため、腸内環境が整えられ便秘が次第に解消されて快便になる事が期待できます。便秘気味の人は甘酒を飲んでみると快便になって健康的な毎日を過ごす事が可能です。

スポンサー広告

4.髪や頭皮に良い影響を与える

髪の毛や頭皮に対しても良い効果が期待でき、ビオチンという物質が良い効果をもたらしてくれます。これも今日飲んだから明日から効果が出るわけでは無いのです。少しずつの積み重ねが効果を作っていくと認識して下さい。

健康的に痩せるダイエット方法

goya3

まず健康的に痩せるには、一日に飲む量としては200ml辺りが妥当な量でしょう。あくまでも目安でこれ以上少なくても多くても別に厳密なルールがあるわけではありません。

そのため自分の体調や生活と相談しながら行なうと良いでしょう。

まずはダイエットに適しているノンアルコールの米麹で作った甘酒をダイエット用として使用しましょう。甘酒は糖質をエネルギーに変える酵素が含まれており、代謝には欠かせない酵素が100種類以上含まれていると言われています。

脂肪分を燃焼させてエネルギーに変えてくれるため、健康的に痩せるためには使わないと損です。

成長ホルモンも分泌され、内臓の働きも活発になるため消費されるエネルギーが自然な流れの中で消費エネルギーが増えていきます。そのため急激と言うよりも自然な流れのダイエットとなります。

まとめ

今回は甘酒を使ったダイエットを書いてきましたが、こんなにも良い効果が沢山得られるとは書いてみて驚いてしまいました。あくまでも過度なダイエットはリバウンドを招いて失敗に終ってしまいます。

適度な量を自分で決め、一日一食にして夜に飲むと良いでしょう。そしてそのまま就寝すると成長ホルモンも分泌されて、美肌とダイエットというダブルの効果が得られて寝ている間に綺麗な自分を手に入れるイメージを頭に描いて下さい。

また甘酒だけでは飽きてしまうと言う場合は、甘酒とカルピスで味を変えたり、豆乳と甘酒等色々とアレンジを加え飽きないようにしてみる、工夫が必要です。元々甘酒には風味が付いている物とそうでないものがあります。

しかし飲みにくい場合については、こういったアレンジを施してダイエットが続くように環境を自分なりに変えていきましょう。続く事がダイエットでは何より大事だと思います。それさえ出来れば継続が出来ますね。

 

スポンサー広告

スポンサー広告