ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

夏太りの原因と解消法!ダイエットやむくみの対策にはこれ!

time 2016/03/22

夏太りの原因と解消法!ダイエットやむくみの対策にはこれ!

〔amazon〕フィットネス・トレーニングの売れ筋!

夏太り!していませんか?イメージ的には寒い冬は暖かい部屋の中に引きこもってしまいお菓子をバリバリと食べちゃう。これで太ってしまうのはわかるのですが、夏はあたたかく基礎代謝も上がりそうなのでそこまで太らないような気もしますよね。

しかし、現代社会では冬よりも夏太りが深刻化しているかもしれません。夏になったとたん体重が増えたなんてことはありませんか?実は夏という季節の生活習慣、食生活により私たちを太りやすい体質にしているかもしれません。

そこで、今回はどうして夏太りを起こしてしまうのか?その根本的な原因。そして、どうやったら解消することができるのか?この辺について解説していきたいと思います。今年の夏は太らないように気をつけましょう。


夏太りをしてしまう原因について。

そもそも、どうして夏になると太るのでしょうか?不思議だとは思いませんか?普通であれば暖かい季節なので代謝が上がるはずと思いませんか?しかし、冬場は痩せていたのに夏になったら太ったというケースも少なくはないでしょう。要因は現代社会の生活にありました。

冷房による基礎代謝の低下

最近は部屋に冷房があるのが当たり前ですよね。冷房によりキンキンに体を冷やしてしまいますと自律神経がくるってしまい基礎代謝を上げることも難しくなるのです。ですから、冷房病とか冷え症に悩まされる人も増えているのです。

それに、体を冷やすことで体温も低下していきます。体温が低下するということは内臓機能も低下しますので代謝が上げられず免疫力も下がっていきます。こうなってしまっては太りやすいだけではなく体調を崩しやすくなるのです。

栄養バランスが崩れる

夏になったらどんなものを食卓に並べますか?冷やしそうめん、ざる蕎麦などこういった簡単に体に入るものを食べる傾向になるのです。あまりにも暑いからジュースをがぶ飲み、アイスをたくさん、さらにはかき氷…

これにより体を冷やし先ほどの理由から太りやすくなります。さらには、こういった食品の栄養素を見てみると炭水化物がほとんどでそれ以外の栄湯素を摂取することができないです。夏は暑くてなんか食欲も出ずがっつりとしたものを食べたくなるかもしれません。

ですから、このように簡単に食べられるものしか食べなくなるのでしょう。しかし、その影響で、ダイエットにおいて重要なタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維とそのほかの五大栄養素がおろそかになってしまうのです。

運動をしない

確かに夏の暑いときにのランニングやらジョギングは気をつけないと暑さにより熱中症で倒れることもあります。毎年そのような報告がございますね。しかし、体を動かさないというのはいけません。摂取したエネルギーを使う機会がなくなりますので太りやすくなります。

スポンサー広告

水分の過剰摂取

暑いとどうしてもジュースなどの清涼飲料水を飲みたくなりますよね。しかし、これらにはたくさんの砂糖が含まれていますので太る原因です。では、通常の水やミネラルウォーターはどうでしょうか?基本的に人間の体にとって必要なものです。

特に、夏場は水分が奪われる季節なので飲んだ方が良いのですが、問題なのは冷たい水をたくさん飲むことです。基本的に冷たい水というのは内臓を冷やします。しかし、そうなると血液の循環が悪くなったり生命活動に悪影響を与えかねません。

そこで、冷えから守るために脂肪が蓄積されていくのです。ですので、冷たい水を飲み過ぎると確かに太る原因にはなります。クーラーの部屋にこもりっぱなしになるのもこれと同じことが起こるので注意しましょう。

意外と夏はエネルギー代謝が低い

夏の暑さによりすぐに汗をかいてしまいます。ですから凄いエネルギーを使っているようにも思われるかもしれませんが実は一番エネルギー代謝が低い季節でなのです。確かに汗は流しますがそれは暑いから発汗するだけです。

冬の場合は寒さから体を守ろうと頑張るので体温が上がりますのでむしろ冬の方がエネルギー代謝が高くなるのです。つまりは、汗をかくからエネルギーを使っているというわけではなくただ単に水分を出しているだけと思ってください。


夏太り対策!ダイエットやむくみ回避にはこれ。

では、夏に太らないようにするにはどうすればよいのでしょうか?簡単にいえば規則正しい生活習慣を送るということです。といいましてもなかなかイメージが湧かないかと思いますので具体的な方法をいくつか解説させていただきます。

体を冷やさない

まず、冷房をガンガン効かせたクーラーの部屋に引きこもるのはやめましょう。特に都内にいるとコンクリートやアスファルトが多いので難しいかもしれませんが極力冷房の温度を下げます。理想は28~29度にしましょう。どうしても暑いのであれば扇風機を使うのもいいです。

冷たいものは摂取を控える

冷たい飲料水、アイスクリーム、かき氷、冷やしそうめん…こういった夏の食べもの、飲み物ですが毎日たくさんの飲食はやめましょう。もちろん、夏という季節を楽しみたいと思いますのでたまにかき氷やアイスクリームぐらい食べてもいいです。だけどいつもこういった食事をしていると体を壊します。

栄養バランスを整える

夏だからそうめんなどの糖質ばかり食べてしまう。これで太る人も多いのではないでしょうか。夏だからと関係なく栄養バランスを整えるように心がけてください。野菜、果物、大豆、お魚、お肉などもとります。タンパク質、炭水化物、食物繊維、ビタミン、ミネラルと六大栄養素を整えるとダイエット効果も高まります。

積極的に運動をする

何も暑い昼間に運動しましょうとはいいません。涼しい夜でよいので散歩をしてみましょう。結構気持ちが良いものですよ。余裕があればジョギングやランニングで汗を流すのも良いです。僕は季節問わず必ずスポーツジムでトレーニングをしています。

さて、こういった生活習慣を心がけることにより夏太りは避けることができるはずです。しっかりとタンパク質やビタミン、ミネラルをとれば筋肉を作る材料なので代謝も上げることができます。夏は暑いから食べ物も選んでしまうのはわかります。

だけど、よく考えてみてください。夏は暑いものです。暑いからこそ熱いものを食べるんです。クーラーにハマってしまうと抜けるまでが難しいですが扇風機に慣れてしまうと体にも良いですし、電気代も節約できてしまいます。網戸にして扇風機をつけるのはオススメですよ。

〔amazon〕フィットネス・トレーニングの売れ筋!



スポンサー広告

関連記事

スポンサー広告