ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

ぽっこりお腹をへこますダイエットエクササイズ!解消方法と原因について解説。

time 2015/10/03

ぽっこりお腹をへこますダイエットエクササイズ!解消方法と原因について解説。

さて、食欲の秋といいますがそろそろ秋も深まってきましたね。グルメの季節ってやっぱり食べるのが好きな方にとっては最高の時期ではありませんか。けれども、食べ過ぎて気がついたときにはお腹が膨れている。特に下腹がえらいことになっていたり…

年齢的なところがありますから仕方ないですよ。なんていう人もいますが周囲を見てください。あなたと同年代、もしくは上の世代であなたよりも太っている人もいらっしゃるかと思いますが痩せている人もいますよね。年配なのに下腹が全然出ていないとか。

ということは、下腹が出るというのは年齢だけのせいではないということになります。さて、下腹が出る人とでない人の違いって何なのでしょうか?そこで、今回は下腹をへこますための運動法から下腹が出る原因、ダイエットになぜ失敗するのか?など解説していきたいと思います。


そもそもぽっこりお腹になる原因ってなに?

kangaeru
代謝が落ちるからぽっこりお腹になるといいますが、これは100%そうだとはいいきれません。太る=ぽっこりお腹というのはやはり違うわけですよね。太るというのはお腹だけではなく、背中に贅肉が溜まったり、脇腹に贅肉が溜まったりするわけです。お腹という特定の部位が膨れるのはもちろん代謝も関係はしますがもっと違う原因があります。

水分が溜まっている

ぽっこりお腹をしている人で多いのは全体的に痩せているのにお腹だけでぽっこりと出ていることが多く見られます。お腹が出ている人ってなんだかタヌキのようにお腹を叩きたがる傾向にあるようですね。もちろん、そういうデータはなく、個人的に出会った人に多いという話ですが…

でも、お腹を叩くということは別に悪いことではありません。叩くことでわかることがあります。もしそこでお腹に水が溜まっている感覚を覚えたり、なんだかお腹が張るというのであればそれは水毒すなわち水がお腹の中に溜まっている状態なのです。

なんだ、水太りか。と思ってそのままにしておくのはダメです。なぜなら、その水が内臓を冷やし機能低下を招きます。すると代謝が衰え運度を頑張ったとしても脂肪が蓄積されやすくなるためです。水が溜まる原因は水分を摂取しても上手くデトックスできていないことにあります。

つまり、水の摂りすぎというよりかは、その分塩分や添加物、脂質なども過剰に摂取し水分が出せない環境を作り出しているからであると考えられます。対策としては塩分を控え、体を冷やすものをあまり摂取しないことです。そして、運動や入浴などで汗を流しお腹にたまった水をデトックスする必要があります。

内臓周辺の筋肉が弱る

当然ですが筋肉が弱ることで内臓が前にどかっと出てしまうことがあります。要するに筋肉が胃や腸を支えることができずに前に出てしまう物理的な原因です。もし、これを解消したいのであれば腹直筋、腹斜筋などの筋肉を鍛えて支えられるものを作ることです。

姿勢の歪み

特にデスクワークをされている方だと前のめりになって長時間作業を行うことがあるため猫背になってしまうケースが見られます。猫背になってしまいますとお腹の筋肉が緩み内臓を支えられなくなることででてしまいますし、代謝も落ちますので脂肪も蓄積されやすくなります。ですから、改善するなら猫背の矯正を行い腹部の筋肉を鍛えることです。

スポンサー広告

アルコールの過剰摂取

アルコールを摂取するとどうなるか?ご存知でしょうか。そもそもアルコールは脂肪の合成をおこなうものです。さらに肝臓のミトコンドリアを破壊するため代謝が落ちるのです。その結果肝臓の周りに脂肪が蓄積されやすくなります。そこに脂肪が溜まれば当然ポッコリお腹になりますよね。禁酒ダイエットは肝臓に効果的!お酒で痩せる方法を解説します。

カロリーオーバーをしている

基本的に人間は健康的な生活を送っていれば太らないようになっています。しかし、太るということはどこかおかしな生活習慣を行っていると考えて間違えないのです。若い時と一緒だと思ってたくさん食べていたら代謝が間に合わず当然脂肪細胞を増やすことになりますので注意しましょう。


ぽっこりお腹を効果的に解消するエクササイズ

hukkin2

腹直筋と腹斜筋を鍛える

筋肉がゆるんでいたり、筋肉が衰えているのであればまずは筋トレを行う必要があります。筋トレを行えば筋肉の量が増えるので物理的に内臓を支えることができるようになりますのでぽっこりお腹を解消することができるのです。うちの父親も少し腹筋を続けていただけでも多少解消できました。腹筋(上部下部)の効果的な鍛え方!筋肉痛や消費カロリーについて。

ドローイン腹筋

ドローインとは腹式呼吸と胸式呼吸を同時に行うことで腹筋が効果的に鍛えられるというものです。これによりぽっこりお腹の原因である内臓周辺の筋肉の緩みを解消することができます。また、通常の腹筋運動と比較してもかなり緩いので体力に自信のない方でも気軽に実践することができます。ドローイン腹筋でダイエット効果を飛躍的に向上させるやり方!

骨盤矯正エクササイズ

姿勢を改善することで代謝も高まります。というか元通りの代謝を取り戻し、筋肉の緩み改善することもできますので猫背だったり骨盤がゆがんでいる場合はそれを解消することでぽっこりお腹も解消されていくのです。骨盤矯正ダイエットの効果的な方法!エクササイズと体操について!

果実とお水で便秘の解消

水が溜まることでぽっこりお腹になるわけなのに水なんて飲んで大丈夫なの?はい、むしろ水を飲まなかったら代謝が衰えていきますので絶対に飲むようにしましょう。水をため込む理由はナトリウムをたくさん摂取しているからです。バナナやりんごなどに含まれるカリウムを摂取して水を飲むことでナトリウムを排泄できるので体循環が上手く行われ水をため込むということもなくなります。さらに、食前の60分前に果物、30分前にお水を飲むことで便秘解消効果も期待できます。便秘が解消できれば毒も取れるので代謝も上がりダイエットに効果的です。

スポンサー広告

関連記事

スポンサー広告