ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

10代のダイエット。やっていいおすすめ方法とダメな方法を教えます!

time 2016/07/06

10代のダイエット。やっていいおすすめ方法とダメな方法を教えます!

10代の人が、部活や習い事を辞めたら太ってしまった・・・というのは、よくあることです。ダイエットでどうにかしたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ダイエットの中には10代がやってはダメな方法もあるんです。ダメな方法でダイエットをしてしまうと、なかなか痩せることが出来ず、体を壊してしまうことも・・・。

そこで、10代のダイエットについてまとめてみました!10代のダイエットは、方法によっては体を壊してしまうことがあります。まずは、どのような危険性があるのか知りましょう。

10代のダイエットの危険性とは?

kiken

まず10代は体が成長するピークであり、決して無理なダイエットをしてはいけません。無理なダイエットは成長の妨げになり、体を壊してしまう危険性があります。

無理なダイエットをすることで、どのような危険があるのかまとめてみました。

①不妊症につながる

これは女性に限ることですが、無理なダイエットをしてしまうと女性ホルモンが正常に分泌されません。女性ホルモンが正常に分泌されないと生理不順や無月経になりやすく、そのまま放置すると将来、不妊症になる危険性があります。特に女性は今だけではなく、将来のことも考えて行動するようにしましょう。

②体の成長がストップする

無理なダイエットは栄養が不足しやすく、体の成長にも大きく関わってきます。特に10代は骨や筋肉が成長するピークですから、栄養が不足するとさまざまな影響が出てきます。
たとえばですが・・・10代のうちにしっかり筋肉を成長させておかないと、なかなか体力が付かず疲れやすい体になります。
また、骨が成長しないことで骨がもろく、ちょっとした衝撃で折れやすくなる危険性があります。

③肌が荒れてしまう

これも無理なダイエットにより、栄養が不足することで起こります。ただでさえ10代の肌はニキビが出来やすく、とてもデリケートですよね。更に追い討ちをかけるように無理なダイエットをしてしまうと、肌がガサガサに荒れてしまい、取り返しのつかないことになる危険性があります。

続いてどのような方法が、10代がやってはいけないダイエットなのか見ていきましょう。

10代のダイエットのダメな方法とは?

dame

ダイエットにはさまざまな種類がありますが・・・10代はこのようなダイエットをしてはいけません。

スポンサー広告

  • ○○だけひたすら食べるダイエット(野菜スープや肉をひたすら食べる)
  • 1食まるまる低カロリーのものに置き換えるダイエット(ダイエット食品のスムージーやシェイクに置き換える)
  • 食事自体を制限するダイエット(1日3食→2食に食事を制限する)
  • 炭水化物を抜くダイエット(炭水化物の多いごはんやパン、麺類を抜く)

これらのダイエットは摂取カロリー抑えることで痩せる方法になります。しかし、摂取カロリーを抑えるということは、体の成長に必要な栄養が不足しやすく、10代にとっては無理なダイエットにつながります。

また、このような方法で痩せると体が危険を感じてしまい、脂肪が付きやすくなってしまうことがあります。せっかく痩せてもリバウンドしてしまう危険性があるため、注意が必要です。

では一体、10代はどのようなダイエットをしたらいいのでしょうか。

10代のダイエットのおすすめの方法とは?

10代が健康的にダイエットをするためには、運動をするに限ります!

そもそも太ってしまった原因を考えてみて下さい。部活や習い事を辞めたなど、日頃の運動不足による部分も大きいのではないでしょうか。

また、どうしても食欲が止まらなくて、たくさん食べてしまうこともありますよね。
それは10代が体の成長のピークということも関係しており、食欲というのは人間の3大欲求でもあるので仕方のないことです。

つまり、10代のダイエットでおすすめなのは、食べてしまった分運動をしてカロリー消費する方法になります。

そこで、10代におすすめしたいエクササイズがこちらです!

たったの数回で体重に変化が見られる人が多く、自宅で簡単に行うことが出来ますよ。

ちょっとハードな内容ですが、約11分で終わるので頑張りましょう!

まとめ

  • 10代は体の成長のピークなので、無理なダイエットはNG
  • 10代にとって無理なダイエットとは、摂取カロリーを抑える方法
  • 食べてしまった分、運動をして消費することで健康的なダイエットにつながる

あなたはBMI(体格指数)という言葉を聞いたことがありますか?BMIとは、自分がどれ位太っているのか知ることが出来る指数のことをいいます。

BMIの計算式=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))
(例)体重60kgで身長160cmの人の場合
    60÷(1.6×1.6)=23.4375

  • 18.5未満  ・・・・・・やせ
  • 18.5以上25未満・・・標準
  • 25以上30未満  ・・・肥満
  • 30以上  ・・・・・・・高度肥満

体重60kgで身長160cmの人は、少しぽっちゃりしているイメージがありますが・・・BMIで考えると肥満ではなく、標準体型であることが分かります。

このことから、私たちは少し「やせ」体型を目指し過ぎているのかもしれません。ダイエットを始める前に、何を基準に「太っている」と判断しているのか、再確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサー広告

スポンサー広告