ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

ホームジムを自宅に作るときの床や広さは?おすすめ器具は?

time 2018/02/28

ホームジムを自宅に作るときの床や広さは?おすすめ器具は?


筋トレをする多くの方の理想の一つとして、ホームジムを持つということがあるでしょう。

ホームジムというと、金銭的に余裕があったり、自宅が広い人にしか実現不可能なようにも思えますが、必ずしもそうではありません。今回はホームジム作りに関して紹介していこうと思います。

ホームジム用の器具には何があるか

自宅でできる筋トレとして一般的なものとしては、アームカールやサイドレイズを行うようなダンベルや、EZバーといったような器具もあります。当然これもホームジムの器具の1つですが、やはり「ホームジム」というからには、ただ単に自宅で筋トレをするということではなく、ジムにも引けを取らないような環境を整える必要があります。以下、器具の紹介を行います。

*ベンチプレス

筋トレの人気メニューであるベンチプレス。必要になるのはシャフトをかけることのできる特別なベンチです。価格としては幅広いですが、安いもので1万円ほどで購入可能です。シャフトは別売りとなる場合がほとんどです。

〔amazon〕ベンチプレスの売れ筋はこちら。

*ラットプルダウン

背中を鍛えるうえで必須のトレーニングとしてラットプルダウンがあります。これもホームジム用の器具もあります。

価格としてはベンチプレス台よりも価格は上がります。

〔amazon〕ラットプルダウンの売れ筋はこちら。

*スミスマシン

ベンチプレスやスクワットを行うことのできる器具としてスミスマシンがあります。これが一台あれば胸・背中・脚のトレーニングが可能になります。

軌道を安定させることができますので、怪我の心配が低く、正しいフォームで行うことが可能です。

〔amazon〕スミスマシンの売れ筋はこちら。

*トレーニングベンチ

ダンベルフライなどを行う際に使います。背もたれの角度を変えることのできるものがあれば、胸や背中のトレーニング等、幅を持たすことできます。

〔amazon〕トレーニングベンチの売れ筋はこちら。

ネットを調べてみると、意外とお手頃に購入できることに気づくと思います。しかし、安いからと言ってその器具に飛びつくことはあまりお勧めできません。安い器具にはそれなりにデメリットがあるということも認識しておく必要があります。

例えばベンチプレス台。安く買えるものからかなり高価なものもありますが、安い器具は高さを変えることができません。ベンチプレスは慣れてくれば重い重量を扱うことになりますが、一人で行う場合には注意が必要になり、失敗が恐い場合には高さを調節して低くして行うことでリスクを回避できます。

しかし高さを変えることができない台では、このリスクを負わなければなりません。

また、安い器具のレビューを見ると「すぐに壊れた」というものも目にします。また、安い器具は扱える重量が限られていますので、長期的にホームトレーニングを行う場合には、お金を渋ることなく、ある程度高価な器具を購入することをお勧めします。かといって、海外メーカーで国際大会で使用されているようなものは100万円以上しますので、自身の予算の範囲内で買えるなるべく良いものを選ぶようにしましょう。

ホームジムに必要なスペース

一般の家庭の場合、あれもこれも器具を設置することは難しいと思います。なので、まずは自分が一番置きたい器具を置くことを考えましょう。

基本的にはどのような器具であっても、4畳あればスペースは確保できます。

ただ、あまりに狭いとやはり怪我の恐れもありますので、使用していない部屋をホームジム専用の部屋にしてしまうことがベストです。普段使いの部屋と兼用となると何かと不便です。

倉庫やガレージを筋トレスペースとして使用することも案として考えられます。床がフローリングではなくコンクリートであれば、ウェイトを置いたときに床を破壊する心配もないと思うので、こうした場所がある場合には是非検討しましょう。

器具を購入してから、部屋に入らない!ということもあるかもしれませんので、どれくらいの幅を取るのかをしっかり調べてから購入にするようにしましょう。

ホームジムを作る際に注意すること

いざ自宅にホームジムを設置し、トレーニングを開始しても、まだ解決しないといけないことがあります。

当然ですがウェイトトレーニングでは高重量を扱うことになりますので、床が壊れないようにする必要があります。そのために、しっかり床を保護するための準備をしておく必要があります。ですので、トレーニングマットを敷いて床を保護しましょう。

そのほか注意すべきは、器具を放り投げないということです。

また、音に関しても注意する必要があります。筋トレは時に大きな音がでますので、近所迷惑にならないようにしましょう。自分の持ち家であればいいですが、マンションの場合には下の階や隣に迷惑をかけてしまう可能性がありますので注意しましょう。

まとめ

以上、ホームジムを作る際のポイントについて解説してきました。

自宅にジムが作れれば、いつでも好きな時に好きなだけトレーニングを行うことが可能になります。決して広いスペースがなくてもある程度の設備を整えることは可能ですので、トレーニングを自宅で本格的に行いたい方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサー広告