ダイエットぱぶりっしんぐ~健康的に痩せる方法を解説!~

体がごつい筋肉質の人の冬のファッションおすすめ5選

time 2018/01/25

体がごつい筋肉質の人の冬のファッションおすすめ5選

〔amazon〕フィットネス・トレーニングの売れ筋!

筋トレをすれば体は大きくなりますが、体が大きくなるにつれて着れる服がなくなってくるというジレンマもあるかと思います。今回は、体がごつい筋肉質の方の冬のファッションのおすすめについて紹介していきます。

タイト目に着るか、ゆったり目に着るか

体が大きくなった場合、今まで着ていたサイズの服が着れなくなることがあります。そこで1サイズ上げるのか、それとももっと余裕のあるサイズにするのかは悩みどころです。タイト目に着るのかゆったり目に着るかは個人の好みがあると思いますが、それでも共通する点といえば、やはり収縮性のある衣類でしょう。

例えばニット素材の服であれば収縮性があるので、多少サイズが小さくても体にフィットします。鍛えた上半身をより強調したい方の場合にはおすすめです。

ジャケットなどは肩が苦しくなり、長時間着ることができないと思いますし、少し姿勢を変えただけで破れてしまう恐れもありますので、おすすめできません。

一方で、ゆったり目のスタイルを好む方もいらっしゃると思います。ゆったり目のスタイルであれば、体が大きくても窮屈にならずに移動可能ですし、カフェやファミレスで席に座る際にも違和感なく座れると思います。

ただし、あまりにゆったりしすぎるスタイルは、体型をだらしなく見せてしまう可能性もありますので注意が必要です。

上半身

先ほども少し紹介したように、タイト目に着て体のラインを強調したい場合には、ニット素材は非常に役に立ちます。肩の出っ張りや大胸筋の張りを強調できる素材ですので、女性にアピールする際にもいいでしょう。ただ、あまりにタイト過ぎると破れの原因になったり、気持ち悪いという印象を与えてしまいがちですので、その点は注意しましょう。

次に、ゆったり目のスタイルを希望される方の場合には、だらしなく見えないようにすることが大切です。

おススメは、シンプルかつコーディネートしやすいパーカーです。パーカーであればサイズがある程度ゆったりしていてもだらしなく見えませんし、機能性も高いのでおすすめです。格安で購入できるものから、スポーツブランドから販売されているものもあり、私服としてはもちろん、トレーニング着としても活用できます。

また、ボタンシャツもガタイの良い人にはおすすめです。シャツは体のシルエットをきれいに見せてくれ、なおかつサイズにこだわれば筋肉の隆起もしっかりとアピールできます。室内に入った時に袖をさりげなくまくることで、より露出を高めることが可能になります。やはりシャツを着る場合でも、あまりにタイトになりすぎないようにしましょう。パツパツで乳首が透けてしまっていると、悪い印象を持たれがちです。下着のシャツもしっかり着る用にしましょう。

スポンサー広告

次に、防寒着としてはコートよりもジャケットをおすすめします。コートはあまりゆったり着るとかっこ悪く、どちらかというと体を細く見せる効果がありますので、体がごつい方には向きません。肩周辺もきつくなり、機能面も良くないので、ゆったり着ても問題ないジャケットを選択するのがベターでしょう。

>>セール価格!amazonのメンズファッションをチェック!

下半身

下半身を鍛えている方にとっては、服装は上半身以上に気を遣うことになるでしょう。足が太くなることにより、履くことのできるものはかなり限定されてきます。

大腿四頭筋やふくらはぎが大きくなれば、タイト目のデニムを履くことはかなり困難になると思います。デニムを履く場合には、かなり大きいサイズのものを選択して履くようにしましょう。

足を鍛えている方にお勧めのファッションは、スウェットではないでしょうか。スウェットというと寝間着のイメージが強く、だらしないと思われがちですが、現在ではスポーツブランドからも販売があり、かなりおしゃれなものもあります。

色やロゴの配置についてもバリエーションはかなりあり、数本買うことで履きまわすことも可能です。

履き心地は非常によく、外出や部屋着としても活用できます。

スウェットを履く場合には、合わせる靴は基本的にはスニーカーになると思います。履くスウェットの色に合わせてスニーカーを変えるだけでもコーディネートとして幅が出てきます。

>>セール価格!amazonのメンズファッションをチェック!

まとめ

以上、体がごつい筋肉質の人の冬のファッションについて紹介してきました。ガタイのいい人にとって、夏は筋肉をアピールする最大のチャンスであり、基本的にはシンプルなTシャツとデニムでOKだと思いますが、冬は夏と比べてアピールのチャンスはなくなります。しかし、そうした状況でも、さりげなく筋肉をアピールすることで好印象を与えることができます。

機能性を重視するか、見た目を重視するかで着る服も変わってきますが、基本的にはあまりごちゃごちゃと重ね着をせず、シンプルなファッションを心がけることをおすすめします。筋肉それ自体がファッションですので、それを最大限生かせるような服装を自分なりに発見し、スタイルを確立していければいいと思います。

〔amazon〕フィットネス・トレーニングの売れ筋!



スポンサー広告

関連記事

スポンサー広告

プロフィール


運営者:ジン
 神奈川県在住のサラリーマン(営業職)。ここ最近ハマっている筋トレに関する内容を中心に執筆します。(ベンチプレスは100kg挙げ達成)
当初、共同で執筆していた妻が脱落し(涙)、ひとりでボチボチ運営しています。最近は熟成肉がマイブームです。